家ができるまで

Until a house is done

「お問い合わせ」から「アフターフォロー」まで
家ができるまでの流れを説明させて頂きます。

01.お問い合わせ

新築、リフォーム住まいに関わることなら何でもごお問い合わせ下さい。
また、借り入れや税金に関する事等なんなりとご相談下さい。

02.プラニング

まずは敷地の調査から開始致します。敷地の状況や住環境、法的規制等あらゆる角度からチェックします。
その後お客様との「聞き取り」を経てプランニングを開始致します。

03.お見積り、資金計画

決定したプランで本体工事、諸費用に関わるお見積もりと、お見積もりに対する資金計画を提示致します。
また各種金融機関との折衝及びお手続きをさせて頂きます。

04.ご契約

プラン、お見積もり、資金計画が完了し、お客様にご納得頂きましたら、ご契約をさせて頂きます。

05.仕様確認の打ち合わせ

着工に向けて地鎮祭、上棟日、完成引渡しのスケジュールや、屋根、外壁材、床板、建具等の仕様を最終決定させて頂きます。
また図面の最終チェックも行ないます。

06.確認申請の手続き

本図面、設計図書の作成後、確認申請や瑕疵担保保険等の申請手続きを致します。
また長期優良住宅や住宅性能評価の申請手続きが必要な場合は、基本的に契約前に行います。

住宅瑕疵担保責任保険とは

弊社は住宅瑕疵担保履行法に基づく保険として(財)住宅保証機構の住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」を利用しています。
この保険は、新築住宅の住宅事業者等(建設業者・宅建業者等)が、機構との間で保険契約を締結するものです。保険金は、
住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因しています。
新築住宅取得者(お施主様)を守るしくみとして、10年間は瑕疵が見つかった場合、住宅事業者等が無料で補修をしてくれます。
また住宅事業者等が倒産等の場合等は、発注者や買主である住宅取得者様が(財)住宅保証機構に瑕疵の補修等にかかる費用等
(保険金)を直接請求することができます。
※瑕疵…本来、持っているべき性能を持っていないこと

07.地鎮祭、着工

各種、申請手続きが完了致しましたら、いよいよ夢への第一歩、地鎮祭です。工事の安全と、お客様ご一家のご繁栄を祈念致します。
地鎮祭終了後、基礎工事の開始、つまり本体工事の着工です。

08.上棟

基礎工事完了後、木部の大工工事が始まります。

09.各種検査、施工

基礎配筋検査、中間検査を経て、最終の完了検査に合格したらいよいよ竣工となります。新居へのお引っ越しの準備を始めて下さい。
あわせて、登記や銀行融資の手続きをして頂きます。

10.社内検査

竣工した建物をお客様にお引き渡しする前に、弊社にて社内検査を行います。不備な点がないかを最終チェックし、
万全な状態でお引き渡しに備えます。

11.引き渡し

いよいよ、お引き渡しです。お客様に最終確認をして頂き、ご納得の上でお引き渡しをさせて頂きます。
これからの長いお付合いの始まりにもなるわけです。

12.アフターフォロー

半年、1年、2年、5年、10年に定期点検を行います。それ以外の時でも、お困りの時にはお気軽にご連絡下さい。

安心・安全の家づくり

The making of house of relief, the security


家ができるまで

家が欲しいと思ったところから、新居での生活までの流れとそのポイント。


住宅性能

国の指標に基づき、外側からはわからない住宅の性能を10項目でチェック。

長期優良住宅

様々な角度から検討したより質の高い建物「長期優良住宅」を、きちんと手入れし、長い間大切に使おうという制度。豊かで優しい暮らしへの転換を図る事を目的としています。また認定建物は、住宅税制、借り入れの優遇措置、地震保険での特典など利用できます。

「認定長期優良」にした認定建物は、住宅税制の優遇措置、借り入れの優遇措置、また地震保険での免震建築物割引、耐震等級割引などの特典が利用できます。くわしくは下記をご参照下さい。

SGEC

SGEC森林認証システムとは国際的に通用する基準と指標を取り入れ、日本の森林実情に合わせた認証制度の事です。持続可能な森林経営を通じて、森林環境の保全と循環型社会の形成に貢献します。

SEGC

静岡の1級建築士 |注文住宅・リフォーム お客様の「家づくり」をお手伝い。

株式会社シズカホーム 本 社/〒416-0931静岡県富士市蓼原116-3 Tel.0545-61-4414 Fax.0545-64-5836